BEORCブログ|居心地のよいインテリアデザイン・リフォーム|NCDのカラー&イメージ講座|福岡

ベオークのブログへお越しいただきありがとうございます。当社は女性インテリアコーディネーターを中心とした、福岡のインテリアデザイン&リフォーム・リノベーションの会社です。このブログでは主に当社の実例と、株式会社日本カラーデザイン研究所(NCD)と共催するカラー&イメージ講座についての情報をご紹介します。よろしくお願いします。

アヤノKN(キーノート)実例と特長

アヤノKNの特長

今回はアヤノ(綾野製作所)KNシリーズ実例のご紹介です。KNはカタログで「オープンスタイルの見せる収納棚シリーズ」と紹介されています。

f:id:beorc:20210704153916j:plain
今回の実例:ロータイプ上台+上部に追加キャビネット・右端にサイドボックスを設置しました

オープンスタイルが前提となっているため、他のシリーズとは立ち位置が違う商品という印象です。主に以下の点が他商品シリーズと大きく異なります。
◎上台側面は側板ではなくアイアンフレーム仕様
◎上台は引戸・開き戸収納のないオープン仕様
◎背板にレールが複数本あり、オプションアイテムが豊富
◎「引戸+オープン4段引出し」など独自のアイテムが設定されている
◎ミドルハイカウンターだがKNのみ高さ904mm(他のミドルハイカウンター商品は913mm)
◎奥行がKNのみ485mm(他の商品は450mmまたは500mm ※SHシリーズを除く)

PSAXの上キャビネット背板にもレールがついていますが、1本だけです。KNにはハイタイプで4本、ロータイプで3本のレールがついています。
また、レールに取付けるオプションアイテムも、PS・AXの4種類に対し、KNは9種類と豊富です。

オープン部分を自分でアレンジすることで、手軽に棚板やスパイスラックなどの位置を変更でき、自分にとって使いやすいようにカスタマイズできるのがKNの大きな特長と言えます。また、上キャビネットがフルオープンのため、背の高い家電も収納しやすいというメリットもあるようです。

※詳しい商品内容はKNキーノート | 最高品質の家具メーカー株式会社綾野製作所をご覧ください。

袖壁にコンセントがある間取りにもおすすめ

上でご説明した「上台の側面がアイアンフレーム仕様」という点と重なるのですが、側板がないため、コンセントが袖壁にある場合も壁にピッタリ近づけることができます。今回のお客様も色々と商品シリーズを迷われましたが、最終的にはこの点が決め手となりKNをお選びになりました。

f:id:beorc:20210704160504j:plain
側板がないので、コンセントプラグの厚み分壁から離さなくてもOK!

 
 

今回の実例内容

【アヤノKNシリーズ】
①追加キャビネット :KN-H140APZ
②上台ロータイプ:KN-C140BBL
③下台(左)引出し+オープン:KN-H40B
④下台(中)4段引出:KN-H60DH
⑤下台(右)家電収納+引出し:KN-H40G
⑥サイドボックス上(右開き):BW-HAR1
⑦サイドボックス下(右開き):BW-HCR1
⑧木製棚板(奥行浅):WP-M135LFS
※本体色:カスタマイズ色H(ホワイト木目・つやあり)
※上台背板色:Cつやなし

【サイズ】
・本体:W1402*D485*H1700mm(ミドルハイカウンターH904mm)
・追加キャビネット:W1400*D374*H630mm
・サイドボックス:W250*D466*H2330(下:H1300・上:H1030)

f:id:beorc:20210704163349j:plain
上台背板は「Cつや無」に変更。マットなグレーでアイアンフレームとも相性がよいです。

 

f:id:beorc:20210704163734j:plain
オプションで奥行が浅いほうの木製棚板(W1350*D252*H72mm)をお選びいただきました。

 

f:id:beorc:20210704164302j:plain
採寸してサイズオーダーした「サイドボックス」をレイアウト

 

f:id:beorc:20210704164453j:plain
サイドボックスの中はこのようになっています。

 

f:id:beorc:20210704164556j:plain
通常の上置よりも高いサイズのオーダーが可能な「追加キャビネット」

 

f:id:beorc:20210704164753j:plain
下台に「引出し+オープン」をレイアウト

 

f:id:beorc:20210704164913j:plain
引出しは「イノテック・アティラ」

 
最初のお問合せから約1年、メールでやりとりをさせていただきました。商品も色々と迷われましたが、最終的にKNシリーズで喜んでいただけてよかったです。N様ありがとうございました!