BEORCブログ|居心地のよいインテリアデザイン・リフォーム|NCDのカラー&イメージ講座|福岡

ベオークのブログへお越しいただきありがとうございます。当社は女性インテリアコーディネーターを中心とした、福岡のインテリアデザイン&リフォーム・リノベーションの会社です。このブログでは主に当社の実例と、株式会社日本カラーデザイン研究所(NCD)と共催するカラー&イメージ講座についての情報をご紹介します。よろしくお願いします。

アヤノ新商品 I(カンビア)実例と特長

V(バリオ)から I(カンビア)へ

アヤノでは珍しく一体型アイテムの設定があり、カウンター3タイプ×上キャビネット2タイプの組み合わせで高さが豊富に選べるのが特長だったVシリーズ。
2020年の9月末で廃盤となり、新しくIシリーズとして生まれ変わりました。
Iカンビア | 最高品質の家具メーカー株式会社綾野製作所


大まかな特長は引き継いでいますが、一部内容が変更になっています。
主な変更点は以下のとおりです。

下台の高さが3タイプ→2タイプに

Vシリーズではハイカウンター(963mm)・ミドルハイカウンター(913mm)・ミドルカウンター(863mm)と3タイプあった下台が、ハイカウンターとミドルハイカウンターの2タイプに減りました。

先日こちらの記事でアヤノCXシリーズの実例をご紹介した際に、「ミドルカウンター最強の商品」とご紹介しました。ミドルカウンターの役割はCXシリーズに譲ったということなのかな?と思いました。

上キャビネットがロータイプ(1007mm)とハイタイプ(1107mm)の2タイプですので、組合せ高さは1920mm・1970mm・2020mm・2070mmの4タイプとなります。

一体型アイテムの幅の選択肢が増えた

Vシリーズでは下キャビネットの一体型アイテムのラインナップは「4段引出し+家電収納」(家電収納はむかって右側固定)の幅100cm・120cmと「開き戸+4段引出し+家電収納」(同じく位置入れ替え不可)の幅140cm・160cmだけでした。

Iシリーズでは組合せは「4段引出し+家電収納」のみとなり、幅が80cm~160cmまで10cm単位で設定されました。
家電収納位置は変わらず向かって右側固定ですが、家電収納の右側に開き戸をレイアウトすることも可能になりました。

一体型アイテムの魅力はコストパフォーマンスの高さですが、幅の選択肢が増えたことで、より様々な広さのキッチンに設置しやすくなったと思います。

下キャビネットに新たなアイテムが増えた

上記項目と関連しますが、新たなアイテムとして「オープン」と「スリムストッカー」(幅20cmと30cm)が追加されました。一体型と組み合わせることで、より自由度の高いレイアウトが可能となりました。

カスタマイズ色の選択肢が増えた

アヤノでは有料の「カラーオーダー60色」の他に、金額が変わらずに選べる「定番色」と「カスタマイズ色」の設定があります。

商品シリーズにより色の設定(色味・色数)は変わります。Vシリーズは納期なしの定番色「ホワイト」、納期ありのカスタマイズ色「ホワイト木目」の2色展開でした。
Iシリーズでは、定番色+カスタマイズ色(9種類)の、全10色から選ぶことができるようになりました。


商品リニューアルによる主な変更点は以上になります。一体型アイテムの設定があり、アヤノの中ではコストパフォーマンス重視の商品でしたが、より選択肢が広がり魅力的な商品にリニューアルされたと言えます。


今回の実例内容

f:id:beorc:20210126205107j:plain
新たに下台オープンアイテムが選べるようになりました!


【アヤノIシリーズ】
①上台引戸:IL-160FS
②下台(左)4段引出+家電:IM-100K
③下台(右)オープン60cm幅:IM-60BO
④天板:TN-160SF
※本体色:定番色(パールホワイト)
※天板色:標準色(ホワイト)

【サイズ】
・本体:W1600*D500*H1920mm(ミドルハイカウンターH913)

今回は食器棚背面、1960mmの高さに梁が出ており、その下にちょうど納まる高さということで Iシリーズをお選びいただきました。

ちょうどVからIへの商品入れ替えの時期でご迷惑をおかけしましたが、結果レイアウトの選択肢が増えて喜んでいただきました。O様ありがとうございました!