BEORCブログ|居心地のよいインテリアデザイン・リフォーム|NCDのカラー&イメージ講座|福岡

ベオークのブログへお越しいただきありがとうございます。当社は女性インテリアコーディネーターを中心とした、福岡のインテリアデザイン&リフォーム・リノベーションの会社です。このブログでは主に当社の実例と、株式会社日本カラーデザイン研究所(NCD)と共催するカラー&イメージ講座についての情報をご紹介します。よろしくお願いします。

パモウナNE 天板新色「セラミカネロ」実例

カウンター天板に新色が出ました

パモウナのカウンター天板は「ダイヤモンドハイグロス天板」が選ばれるケースが大半です。色は標準色の「パールホワイト」とオーダー色の「ミッドグレー」の2種類があります。このオーダー色のミッドグレーが、新たに「セラミカネロ」という色に切り替わることになりました。現時点(2020年6月10日)ではまだ両方お選びいただけるようですが、今後はミッドグレーは選べなくなります。


f:id:beorc:20200610121719j:plain
ミッドグレーは一番上の画像になります

ちなみに上のカタログページをご覧いただくと分かりますが、ダイヤモンドハイグロス天板の他、「人造石天板」や「突板天板」もお選びいただけます。…金額が結構あがってしまいますが^^;


ミッドグレーとの違いは?

ミッドグレーの説明分には「キズ、汚れに強いEBコート仕様。日常の使用やお掃除などにも強く、いつまでも美しい光沢を保持します。」とあります。
グレー単色で表面にツヤがあるのが特徴になります。


一方のセラミカネロは…

f:id:beorc:20200610122535j:plain
ミッドグレーのような光沢はなく、マットな質感


f:id:beorc:20200610122652j:plain
単色ではなく、まだら模様になっています


f:id:beorc:20200610124634j:plain
アドバンスグレード引出との相性もよく、高級感があります

一言でいうと「今風になった」という印象です。こういう質感・色味は、ここ数年の流行でもあるので、同じく最近多いグレイッシュなフローリングなどとの相性もよいと思います。(まさにこちらのお客様宅がそうでした)


今回の実例内容

f:id:beorc:20200610125238j:plain
実際の写真

【パモウナNEシリーズ】
①上置ハイタイプ:NE-CVH160U
②上台:NEA-L160R
③天板:セラミカネロ160
④下台家電収納400:NEL-C401
⑤下台3段引出600:NEL-C600
⑥下台4段引出600:NEL-C606

【サイズ】
・本体サイズ:W1600*D500*H1890mm(レギュラーカウンターH850)
・上置サイズ:W1599*D331*H475mm
・色:カラーオーダーTJ-10006K(ウオールナット木目柄/マット)

カラーオーダーのマットなウォールナット柄と、カウンター天板の新色「セラミカネロ」がとてもよくあっていて、高級感のある内容となりました。Y様ありがとうございました。