BEORCブログ|居心地のよいインテリアデザイン・リフォーム|NCDのカラー&イメージ講座|福岡

ベオークのブログへお越しいただきありがとうございます。当社は女性インテリアコーディネーターを中心とした、福岡のインテリアデザイン&リフォーム・リノベーションの会社です。このブログでは主に当社の実例と、株式会社日本カラーデザイン研究所(NCD)と共催するカラー&イメージ講座についての情報をご紹介します。よろしくお願いします。

パモウナ壁面収納PJ【サイドキャビネット・サイドドアフィラー比較】

壁面収納必須アイテム

「お部屋の壁一面をすべて収納にしたい」という場合、必ず必要となるのが幅・高さのオーダーが可能なアイテム

パモウナではPJシリーズが壁面収納に対応していますが、規格サイズは以下のとおりとなっています。
◎TVボード:幅1200・1400・1600・1800mm
◎キャビネット:幅400・600・800mm

高さはそれぞれ1720mm。そこから天井までは、高さオーダーした上置を設置する形になります。

高さ調整は上置で可能なのですが、幅を調整できるアイテムは「サイドキャビネット」か「サイドドアフィラー」のみとなります。

上記規格アイテムの組合せとお部屋の幅により、左右余った空間に「サイドキャビネット」または「サイドドアフィラー」をレイアウトすることになります。
※サイドドアフィラーの実例はこちらでご紹介しています。

サイドキャビネット・サイドドアフィラー比較

ひとつ前の記事でご紹介したお客様も、左端部分をサイドキャビネットにするか、サイドドアフィラーにするか最後まで迷われました。
ご判断いただくのに比較資料をおつくりしたので、ご紹介したいと思います。

f:id:beorc:20210608111943j:plain
「サイドキャビネット」「サイドドアフィラー」比較資料
f:id:beorc:20210608112153j:plain
「サイドキャビネット」の詳細図

画像では見づらいと思いますので、以下簡単に特徴をまとめます。

木目方向

◎サイドキャビネット:横方向
◎サイドドアフィラー:縦方向

パールホワイト以外のお色の場合、木目が出ます。上置・フィラーも含め、規格アイテムの木目はすべて横方向になります。
よって、サイドキャビネットは本体と木目がそろい、サイドドアフィラーは本体と木目がそろわない形になります。

扉枚数(H1720mm下)

◎サイドキャビネット:2枚
◎サイドドアフィラー:1枚

規格アイテムと同じ高さ(1720mm)より下で扉の枚数が異なります。サイドキャビネットの扉の継ぎ目ラインの高さは1075mm程度となります。

扉の開き方(左端レイアウトの場合)

◎サイドキャビネット:左開き
◎サイドドアフィラー:右開き

上の比較資料のレイアウトの場合、サイドキャビネットは左開き・サイドドアフィラーは右開きとなります。(右端レイアウトの場合はそれぞれ逆になります)

また、扉の開け方がサイドキャビネットはプッシュ式なのに対し、サイドドアフィラーは取手式になる点も異なります。

サイズオーダー対応幅

◎サイドキャビネット:200~399mm
◎サイドドアフィラー: 50~399mm

最大幅は両方とも同じ399mmですが、最小幅が異なります。
収納として使えない程度の隙間の場合は、サイドドアフィラーでの対応となります。

なお、内寸幅はサイドキャビネットが「外寸幅▲34mm」に対し、サイドドアフィラーが「外寸幅▲17mm」となっております。
外側の側板がないため、同じ外寸幅の場合はサイドドアフィラーのほうが有効内寸幅が取れる形となります。

高さ1720mmより上のつくり

◎サイドキャビネット:上置
◎サイドドアフィラー:フィラー

両方とも天井まで高さ調整が可能ですが、1720より上部分はサイドキャビネットが上置として収納利用が出来るのに対し、サイドドアフィラーは固定式のフィラーとなるため収納利用ができません。(梁欠きの有無によらず)

内部のつくり

◎サイドキャビネット:側板・底板あり。固定棚1枚+可動棚3枚
◎サイドドアフィラー:壁側側板・底板なし。内部棚板なし。

サイドドアフィラーは、もともとCAシリーズではデッドスペースだったところを利用できるようにしているため、つくりとしてはシンプルです。
その分価格は、同じサイズの場合サイドキャビネットより安くなっています。


ざっとこんなところでしょうか。スティック型の掃除機など長物(高さ120cm程度)を収納する場合は、サイドキャビネットだと可動棚がすべて使えない形になるため、サイド部分に何を収納するかによっても判断が分かれそうです。

今回のお客様は木目がそろわないことを気にされていましたが、実物を見て「ほとんど気にならない」とおっしゃっていました。

新しくPJシリーズとなり、変更点も多く、なかなか実物を見る機会もないと思います。パモウナ以外にもPanasonicやダイケンなどの壁面収納もお取扱いしております。壁面収納をご検討の方は、是非お気軽にご相談ください。

関連記事

beorc.hatenablog.jp