BEORCブログ|居心地のよいインテリアデザイン・リフォーム|NCDのカラー&イメージ講座|福岡

ベオークのブログへお越しいただきありがとうございます。当社は女性インテリアコーディネーターを中心とした、福岡のインテリアデザイン&リフォーム・リノベーションの会社です。このブログでは主に当社の実例と、株式会社日本カラーデザイン研究所(NCD)と共催するカラー&イメージ講座についての情報をご紹介します。よろしくお願いします。

パモウナ・アヤノ食器棚【設置時の注意点】

おかげさまでこちらの記事からパモウナ・アヤノ(綾野製作所)の食器棚についてたくさんのお問合せをいただき、数多くご注文いただいております。福岡県外のお客様にもご購入いただき、反響の大きさに驚いております。誠にありがとうございます。

種類やサイズが豊富でオプションも充実しており、いざ「買おう」と思うと意外と迷ってしまうパモウナ・アヤノの食器棚^^; ご購入に際しては、当社にて個別に分かりやすくご提案いたしております。是非何でもお気軽にご相談ください。

今日は「設置」についての注意点をブログ記事としてまとめたいと思います。

冷蔵庫通りますか?

f:id:beorc:20180220172140j:plain

キッチン通路幅を考えて、「食器棚の奥行きを45cmでいくか50cmでいくか…」というのは皆さん考えられるのですが、間取り(配置)によっては冷蔵庫が通路を通らないケースもあるので注意が必要です。
使用される冷蔵庫のサイズとキッチン通路幅が何センチ確保できるのかにはご注意ください。

新築やリフォームにあわせて食器棚購入と同時に家電類を一新される場合は、できれば冷蔵庫の設置後に食器棚を配送・設置されるほうがスムーズかと思います。

基本的にパモウナ・アヤノはキッチンメーカーのカップボード(食器棚)と違い壁に固定はしませんので、大変ではありますが後から移動ができるというのがメリットの一つです。
上の写真のお客様もリフォームに際し、冷蔵庫を買い替える時に動かせるという理由でキッチンとおそろいのカップボードではなく、パモウナをお選びになりました。


(戸建の場合)設置場所は1階ですか?

戸建で設置場所が2階の場合、間取りや廊下幅によっては階段部分をあげるのが難しい場合がございます。※食器棚のサイズ(幅)にもよります

戸建で2階に設置する場合は、事前に寸法入りの平面図や階段部分の写真をお送りいただけるとスムーズです。


壁のコンセントまでの距離を確認

f:id:beorc:20180228191806p:plain
基本的な家電収納を含む組合せの場合、上の写真のような2口コンセントが
◎パモウナは天板上中央に1ヶ所・家電収納部に1ヶ所 ➡ 【計2ヶ所】
◎アヤノは天板上両端に2ヶ所・家電収納部に1ヶ所 ➡ 【計3ヶ所】
つきます。本体から出るコンセントコード(プラグ)の本数がパモウナ2本・アヤノ3本となります。

2口コンセントの制限電力量は2口合計で1500Wまでです。

制限電力の問題がありますので、基本的にはそれぞれを別のコンセント口に差すことになります。パモウナ・アヤノ付属のコンセントのコードの長さは1.9mですので、事前に壁のコンセント口に届くかの確認が必要です。もし長さが足りないようであれば、延長コードの準備が必要となります。

※パモウナにはカタログに記載のないオプションでコンセントコードの延長(3m or 5m)の設定がございます。アヤノはオプション設定なし。

食器棚背面壁のコンセントが2口の場合

壁のコンセントが2口の場合、パモウナだと一般的に本体からのプラグも2本のケースが多いので問題ないのですが、アヤノだとプラグが3本となる場合があります。
その場合は、背面壁コンセント2口+冷蔵庫上コンセントの余剰分1口でとるとよろしいかと思います。(通常冷蔵庫上も2口コンセントで、冷蔵庫で1口使用・1口余っているケースが多いため)

間取りによっては食器棚から冷蔵庫上まで届かない(届いてもコードがピンと張って目立つ)場合もありますので、延長コードが必要になります。
※設置時は余剰分のコンセントコード(プラグ)を隙間から出しておき、あとから冷蔵庫上コンセントにつなぐという形でも大丈夫です。


壁との隙間について

f:id:beorc:20180220181229p:plain
食器棚付属の2口コンセントのコード先端プラグ部分はL型になっており、厚みが約2cmあります。(写真はパモウナ)

差し込む先の壁コンセントと重なる位置に食器棚を設置する場合、このプラグの厚み分、食器棚本体が壁から離れることになる点にもご注意ください。
それが嫌な場合はオプションで対応可能ですので、お気軽にご相談ください。

※コンセントを食器棚と重ならない位置に設置された実例はこちら


アースについて

上のコンセント写真をご覧いただくと分かりますが、パモウナ・アヤノとも2口コンセントにアース端子はついておりません。オーブンレンジなど家電製品のアースをご使用になりたい場合は、壁のコンセントのアース端子に直接差し込む必要があります

その場合、家電から出ているアース線の長さが、バックボードの穴を通して壁コンセントのアース端子まで届くかの確認が必要になります。
また、食器棚設置後に家電を購入される場合などは、あとから壁コンセントのアース端子にアース線を差し込むのが難しい場合がありますので注意が必要です(先に食器棚を設置して、上置で固定してしまった場合など)。

「確実に家電のアースを接続したい」という場合は、背板穴あけオプションを採用いただくか、先に長めのアース線を購入されるとよろしいかと思います。
サンワサプライ アースケーブル 5m KB-DE5
食器棚設置前にアース線の片方を壁のアース端子に接続しておき、アース線のもう片方を食器棚バックボードの穴を通して出しておき、後から家電に接続できるようにしておくと確実です。

ちなみに…アース線の接続が難しい場合は、このような商品もあります。
テンパール ビリビリガード プラグ形漏電遮断器 (04-3213)

※アース付きのオーブンレンジなどが既にある場合は、食器棚の搬入前に本体からアース線をはずしておかれると設置がスムーズです。一般的に家電本体裏側のビスをゆるめるとアース線がはずれる構造になっていると思います。はずしたアース線を壁コンセントのアース端子に接続➡食器棚背板部分の穴を通してカウンター上にアース線を出す➡カウンター上でアース線と家電を再接続という流れになります。


以上設置に際しての注意点を簡単にまとめてみました。
文章でなかなか分かりづらい点もあるかと思いますので、もし何か気になる点がございましたらお気軽におたずねください。

関連記事

背板穴あけの実例記事です ↓
beorc.hatenablog.jp